チワワが涙目になる理由にはいくつか原因がありますので知っていただければと思います。

TOP > 関連ページ > 涙目になる理由

チワワの専門サイト

チワワが涙目になってしまう理由

チワワはとてもかわいいです。

チワワといえば目がとても大きいです。また、チワワのしつけ、健康管理でも大切なのが涙目のケアです。

こぼれ落ちそうな目は常に乾燥しやすく、またゴミも入りやすいため、他の犬種よりも多めに涙が出てしまいます。

またよく涙やけしている、と表現されますが、涙の成分が目の周りの被毛に留まると焼けたような色合いになっているのがわかります。

獣医に連れて行く飼い主さんも多いようですが、大抵はチワワは仕方ないです、と言われます。また涙は鼻先まで流れていくのが自然ですが、流れるための管が詰まってしまうと目やにが多くなります。

このため目頭の部分から管を入れることも可能ですが、小さい場合は施術も大変ですし、費用もかかります。他にはアイローション等のツールを使ってもある程度カバーできます。

ペットショップ、あるいはサロンなどでも販売されているローションをコットン等に沁み込ませてから、目やにの部分を拭いてあげれば徐々に自然な状態に戻っていきます。

起きた直後と寝る前の2回程度でも充分ですし、散歩の後なども妥当なタイミングです。また、涙が多い場合に気をつけなければならない病気もいくつかあります。

目の最も外側にある角膜が炎症を起こす角膜炎も多い病気ですが、炎症によって目が痒くなりますので、前足でこすったり掻いたり、物にこすったりすると当然、目やにも出ればひどいとまぶたごと腫れてきます。

また早期治療はもちろん大切です。エリザベスカラーなどでこすらないようにする方法もありますが、むずがゆいもの何ですからやはり治療薬等で早めのケアが肝心です。

チワワは目が大きいから涙目もわかりやすい、と考える方も多いようですが、常に大きくて濡れているのが特徴ですから、逆に意識しずらいところがあります。

犬ですから言葉でも言えずに症状を気にするだけです。やはり、チワワのちょっとした変化などに気づくにも、飼い主の日頃のチェックを習慣付けることが大切です。

そのためにはチワワの性格や正しい飼い方、しつけ方などをプロから学ぶことが一番です。もし、あなたがプロからしっかりと学んでみたいと考えているのであれば、当サイトでお薦めしているのは遠藤先生のしつけ教材です。

遠藤先生は、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なトップドックトレーナーです。

ですので、遠藤先生の教材をしっかりと学び、チワワの正しい飼い方やしつけ方を身につけることをお薦め致します。遠藤先生のしつけ教材は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。