チワワが嘔吐してしまったときは慌てずに対処することが大事です。

チワワが嘔吐をしてしまったときの対処方法について

犬の嘔吐はよくある症状、とはよく言われます。もちろんチワワも嘔吐することがあります。嘔吐にも種類がありますし、病気であれば一大事ですから、飼い主としてはどのような原因なのか確かめることが大切になってきます。

例えばチワワが黄色い液体をゲーゲーと吐いてしまった場合、そのままケロッとして転がっているようであれば問題はないと思います。

よくあるのがこのような吐き方で空腹が原因のケースです。食べ物を消化すべき胃酸が過多になってしまうと黄色いような液体を吐きます。

またこのような状態で餌を上げる量を増やしたり調整すれば吐かなくなるはずですが、それでも1週間以上も続くようであれば、何らかの病的原因が隠れていると考えるのが妥当です。

やはり獣医に連れて行ってしっかり検査を受けて原因を突き止めるのが大切です。飼い主の都合でよくあることですが、ご飯とご飯の間の時間が離れすぎて吐くこともありますので、おやつをタイミングよく準備しておくなどの工夫も必要です。

他には胸焼けなどが原因で新聞や草などを食べては吐くを繰り返すことがありますが、胃腸を綺麗にするために自発的にそうしているケースです。

またしっかり食べたものを吐けるのであれば問題なくても、ビニール類などの場合は腸閉塞にかかって死んでしまう恐れもありますので、獣医に診てもらって対処法についてもしっかりレクチャー受けておくことが大切です。

子犬の頃は部屋の中を荒らしまわるように色々と食べてしまうようなケースもあります。このような場合も悪戯するようなものをできるだけ床に置かないようにしたり、作業をする場合はゲージに入れておいて離しておくことなど、時々に慣れさせることが肝心です。

もちろん食事メニューのケアも大切です。残すようなものは与えない、フードを変える場合は基本的に少しずつトライするようにして、できればそのフードを以前のものよりもチワワが好んでいるかも確認してあげるのが理想です。

このようにチワワが嘔吐をしてしまうケースは色々とありますが、飼い主がしっかりとチワワに対しての知識を持っていればこんなことにはほとんどなりません。チワワが嘔吐してしまうのは、ほとんどの場合、飼い主に原因があります。

ですので、チワワを飼うのであれば、ある程度は飼い方やしつけ方などをしっかりと身につけておくことが必要かと思います。そうすれば慌てることもありませんし、チワワが病気になることも未然に防ぐことができるようになります。

もし、チワワの正しい飼い方やしつけ方をしっかりと学びたいと考えているなら、遠藤先生の教材がとてもお薦めです。

遠藤先生は、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なトップドックトレーナーです。

遠藤先生の教材は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。そして、遠藤先生の教材を学び、チワワとのより良い生活を目指していただければと思います。