チワワが震える原因は寒さに敏感だったり性格によるものが最も大きな原因と言えます。

TOP > 関連ページ > 震える原因について

チワワの専門サイト

チワワが震えてしまう原因

チワワというとなんだかいつも震えている、とイメージをする方が多いようですが、一体、チワワが震えてしまう原因は何なのでしょうか。

よく、チワワを見た時に小刻みにプルプルと震えているところを見かけたことがある方も多いと思います。

何故、このようにプルプルと震えてしますのかというと、チワワは体温の調整が難しい犬だからです。

特に飼い主の方は寒い季節には気をつけてあげなければなりません。また、性格上の影響もあります。他の犬種の犬といえばほとんどがチワワよりも体格が大きいことから、威嚇しても多少怖がっていたり、他には虫を見るだけでもプルプルと震えるチワワもいます。

もちろん散歩などでもはじめは色々と大変ですし、慣れていないコースを設定する場合も要注意です。行き慣れない場所や落ち着かなそうな場所などでは弱気な性格が大きく露呈します。

このように寒がりで怖がりだったり、あるいは勝気だったり甘えん坊だったりと、小さいなりに色々と性格を見極めるのが大変なのもチワワの特徴です。

ですが、このプルプルするところがチワワの人気の秘密でもあったりします。震えたり、瞳が常に濡れていてウルウルとしているのもチワワの魅力の1つと言えます。

また他には病気などにかかっていて、震える他にも症状が出ていることも考えられます。例えば歩行がかなり不自然だったり、食欲が無くなることもありますので、このような場合は獣医にできるだけ早く診てもらうことが大切です。

寝かせれば震えが止まるけども呼吸が速かったり、ハアハアと呼吸がつらそう、水程度しか口にしないなど、様々な病気の可能性がありますが、夏場であれば日射病や熱射病などの熱中症系の病気が多くなります。

他には椎間板ヘルニア、子犬の場合は少ないですが、やはり活動的な犬種ですので椎間板による痛みがでている場合も考えられます。抱っこしようとしてキャンと鳴いたりすればかなり可能性は高いですので、このような場合は出来るだけ早く獣医に診せることが大事です。

ですが、飼い主がチワワに対しての知識、正しい飼い方やしつけ方をしっかりと学んでいれば、出来るだけ早く異変に気づいてあげることもできますし、何よりチワワの性質を理解することは、家族として長いこと暮らしていくにはとても大事です。

当サイトでは、チワワに対しての知識、正しい飼い方やしつけ方を学ぶ教材として、遠藤先生の教材をお薦めしております。

遠藤先生は、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なトップドックトレーナーです。

ですので、遠藤先生の教材をしっかりと学べば、間違いなくチワワの異変にすぐ気づくことができます。もし、チワワの正しい飼い方やしつけ方をしっかりと学びたい方は、遠藤先生のしつけ方法を今すぐ学ぶことを強くお薦め致します。