チワワの性格も人と同じで様々あります。

チワワの性格について

チワワの性格はどのようなものか、見た目はちょっとプルプルとしていて、怖がりなのか愛嬌があるのか、なかなか見分けがつかないという方も多いと思います。

まず基本的にチワワは好奇心が旺盛、そして活発なタイプだと言えます。

またしつけの飲み込みもよくてトレーニングへの適応性も高く、他の大きな犬種に対してもしっかりと自己主張する、ある意味でマメな性格、または自意識が強いとも言えます。

活発なことから想像がつくのは噛み癖や吠え癖の悪さですが、やはりしっかりとしつけないといつまでも癖が離れないタイプです。他にはチワワによっては大胆すぎるようなタイプ、または臆病すぎるようなタイプもいます。

甘えん坊で勝気だったり、いざとなると弱気になる、このような性格もチワワの面白さの秘密だ、というファンの方も多いようです。

飼い主との関係性においては、きちんとしつけをすれば言うことをよく聞きます。しかし愛情が足りないと悪いことをする場合もありますので、基本は従順だと思ってしっかりしつけることです。

叱る時には現実的に証拠を確かめてからすぐに叱り、褒めるときはしっかり褒めていることがわかるように大胆に褒めてあげることも大切です。

従順な性格ですので、しつけに慣れたらとても飼いやすくなる犬です。このことで家族犬としての地位は長い間トップクラスを維持してきたとも言えます。

室内犬として好都合なチワワですが、留守番は大丈夫か気になる方も多いと思います。実際は昼間の間しばらく留守にして室内に1匹だけになってもストレスも溜まらず、やはり自立心が高いために小さくても手間がかかりません。

他には子供がかわいがりすぎると反撃してしまうことがあります。つまり噛みついたり吠え立ててしまうと小さいチワワとはいえ子供も怖がりますので要注意です。

きゃしゃでもそのルックスには似合わない、大胆なところや気の強い一面も多分に持っていますので、しつけのしやすさとトレードオフのような感じです。もし、チワワのしつけをしっかと行うのであれば、当サイトでは遠藤先生の教材を強くお薦めします。

遠藤先生は2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なトップドックトレーナーです。

遠藤先生の教材を学べば、間違いなく飼い主とチワワとの間で絶大な信頼関係を築くことができますので、お互いストレスのない楽しい生活を手にすることができます。

もし、遠藤先生の教材に興味の出てきた方は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。