チワワの寿命は他の犬種と比べてほぼ同じくらいです。

チワワの寿命について

チワワは小型犬であり、その寿命は平均で13年から16年程度だと言われています。

また犬の寿命については、大型犬のほうが短命であると一般に言われますが、人間でいえば高齢者になる年齢になってもバリバリと元気に活動する犬も多いです。

チワワももちろん12歳程度であればまだまだ現役のままがほとんどで、白内障などが出ても体力には変化もなく、好物が出るとついついがむしゃらに食べてしまうような感じをイメージしても問題はありません。

もちろん犬にも健康管理は大切です。人間と同じで寿命を延ばすためには様々なケアが大切ですし、食生活や生活のバランス、運動の量なども適切にケアしていかなければなりません。

調子が悪化したらすぐに獣医に連れて行ったり、また健康診断についても理想なのは半年に1回程度、最低でも1年に1回は連れて行ってあげるのがお勧めです。

チワワは流行犬ですので、繁殖の仕方が悪くて遺伝的に短命な種も多いと言われていますので、信頼のおけるブリーダーからの購入以外、特に知識が無い場合は要注意です。

中には25年も生きたチワワもいるそうですので、個体差をしっかりと見極めることが大切です。ではもしチワワが病気になって世話ができなくなったらどうすればいいでしょうか。

このようなケースで頼れるのがペットシッターの存在です。日に2回程度訪問してもらい、食事から散歩、トイレやゲージの世話、遊び相手などにもなってもらえますし、慣れている方であればすぐに犬もなついていきます。

仕事が外せなかったり、飼い主のほうが体調を崩してしまうことも考えられますので、予め予約の方法などチェックしておくのが肝心です。

またチワワも寿命がごく近くなれば老衰してきます。食欲不振になったり体力消耗、痩せてくるなど、この段階で死を覚悟しなければならなくなると、飼い主にとっても残念ですが、可愛がっていたペットにはずっと好きなことをさせてあげるのが一番だと思います。