チワワがなりやすいアレルギーはいくつかありますのでご説明致します。

TOP > 関連ページ > アレルギーについて

チワワの専門サイト

チワワがなりやすいアレルギー

犬の病気として比較的多いのがアレルギー症状です。また、チワワにも持っている子は多くいますが、皮膚の発疹やかゆみなどがアトピーや皮膚炎でなければ、やはりアレルギーが疑われます。

また、チワワのアレルギーの原因となるアレルゲンについては様々なものが考えられます。

ですが、基本的にはまず人間と同じようなものと考えても問題ありません。例えば、チワワは花粉症もかかりやすいと言われていますし、食物アレルギーも同様です。食事の場合は、食べ物に含まれているタンパク質が影響します。

また、原因となりやすい食品としては、牛肉、牛乳、鶏肉、馬肉、豚肉、大豆、トウモロコシ、小麦、卵、などが一般的に知られています。

チワワの食事アレルギーの慢性化を防ぐためには、ドッグフードが一番だ、安全だと考える方も多いようですが、加工品のものはたいてい症状を悪化させてしまいますので、注意してください。

やはり手作りのものが一番ですし、凝ったものでなくても栄養バランスがよいものであれば、チワワはほぼ何でも食べると思います。

ドックフードを代表とする加工品を食べているチワワはアレルギーも肥満も強くなり、寿命についても3年以上は短命になる、というデータが公表されています。

まずできるだけスムーズに与えられるように慣れていくのが大切です。チワワの治療費の高額さを考えても、飼い主としては必須のケアです。またかゆみについては、そのまま放置してしまうと自分で咬んだり、引っかいてしまう恐れがあります。

傷が出来てしまって細菌感染したらそこから二次的にどんどん広がってしまい、皮膚自体も取り返しのつかないことになっては大変ですので、まずチワワ自体や室内についてもできるだけ乾燥を防ぐこと、そして清潔を保つことももちろん大切です。

ブラッシング、シャンプー類を欠かさず、手入れをしながら皮膚のチェックをしたり、他にはハウスダストのケアも大切です。

特に頭が痒くなるケースも多く、また頭にかさぶたができたりそこから出血してしまうこともありますが、消毒液で適切に消毒し、できるだけ早く獣医に見せるのが無難です。

このようなことにならないためにも、飼い主がチワワに対しての正しい知識をしっかりと身につけておくことは、やはり必須と言えます。

当サイトでは、チワワに対しての知識、正しい飼い方やしつけ方を学ぶ教材として、遠藤先生の教材をお薦めしております。

遠藤先生は、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なトップドックトレーナーです。

ですので、遠藤先生の教材をしっかりと学べば、間違いなくチワワの異変にすぐ気づくことができますし、チワワの正しい飼い方やしつけ方をしっかりと学んでいれば、被害は最小限に抑えることができるようになります。

遠藤先生の教材は下記よりチェックすることができますので、今すぐ確認してみてください。あなたと愛犬がいつまでも幸せに暮らしていくための秘訣が満載です。